紫外線とたるみと肌

毎年、夏前になってしまったら、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策などという言葉をTVや雑誌等でよく見かけるはずですが、紫外線は夏だけ予防すれば良い訳ではないんです。紫外線は年中出ているため、お肌にダメージを与えないためにも、年中紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策をとる必要があるといわれているのです。紫外線は自分で気付かないうちにお肌に直接触れているので、自分のしらないうちにお肌の老化も進んでしまう怖い物だといえますね。紫外線がお肌にどういった影響を与えるのか、少し説明していきます。UV-Aという言葉を耳にしたことある方もいらっしゃるかはずですが、このUV-Aとは紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)A波というのです。このUV-Aは、お肌の奥にまで入りこんでしまう紫外線でしょう。この紫外線がお肌の奥まで入り込むことで、活性酸素(老化や生活習慣病の原因とも考えられており、免疫機能として働く一方で、体のあらゆる部分に深刻なダメージを与える可能性があります)を発生させます。お肌に取って活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)はすごく厄介な物で、細胞を酸化して損傷を与え、コラーゲン(動物にとっては、建物でいえね骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)を作り出しにくくさせたりするため老化に繋がってしまうでしょう。UV-Aよりも恐ろしいのがUV-Bで、この紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)は細胞にダメージを与えるのではなくて、お肌の細胞のDNAその物にダメージを与える紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)です。DNAその物にダメージを与えるということは、細胞分裂が正常に行われなくなってしまいますから、新陳代謝(細胞の入れ替わりは若い頃は速度が速く、年を取ると遅くなっていくものです)が低下してしまいます。新陳代謝(その人の習慣によっても細胞が入れ替わる速度が変わるものです)の低下もまた、老化を促進させることになるため、お肌のたるみが出てきてしまうということになるでしょう。以上のように突き詰めていくと、あまりたるみと関係の無いような紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)ですが、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)もたるみの原因の1つになってしまうと言う事がよくわかると思います・