毛穴 たるみ 治す

朝、目が覚めた時に、顔に枕の跡がついてしまっている経験、誰でもしたことがあると思います。
最近、その跡が時間が経ってもなかなか消えない、なんてことありませんか?もし、その跡がなかなか消えないようの場合には、お肌がたるんできるのでいる証拠ですよ。
では、なぜ、お肌はたるんでしまうのでしょうか。お肌は若々しくハリを維持するために、皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)と筋肉と脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の3つがバランス良く保たれているのです。

若い頃は何もしなくてもこの3つが上手くバランスを保つ事が出来るので、ハリや潤いのあるきれいなお肌を維持することが出来ます。
しかし、年齢を重ねるとともに、お肌のヒアルロン酸やコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)が減って、潤いを維持する事が出来なくなってしまうのです。
この潤いを保持出来ないことも、お肌のたるみの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の一つです。加齢に伴って低下していくのが、
お肌のハリを支える筋肉とされているんです。顔の場合は表情筋という筋肉があり、この筋肉の衰えもたるみの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の1つでしょう。

この筋肉は顔のあらゆる部分に存在している筋肉ですので、この筋肉が衰えると言う事は、お肌のたるみに大きな影響を与えることになります。
基本的には、お肌のたるみの大きな原因は年齢の積み重ねなのですが、これは誰にも防ぐ事はできませんよね。加齢は誰にも止めることは出来ませんが、
たるみが現れる速度を落とすことは可能です。実は、紫外線もたるみを引き起こしてしまう1つの要因となりますから、若いうちから日焼け止めクリームを塗ったり、
日傘(紫外線対策の一つとして特に女性がさしていることが多いです)をさして外出するなどする事で、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、
日焼けしてしまうといわれています)対策をとることが重要でしょう。常日頃からお肌によい事を心がけていれば、たるみを予防することは出来ますよ・