肌が汚い

肌が汚いと感じている人は、生活習慣が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)かもしれません。



生活習慣と肌荒れは大きく関与しており、不規則な生活をしていると吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)・ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)・シミ・シワと言う肌トラブル(エステや美容整形などを利用して、解消を図る人もいますね)を起こしやすくてなります。



生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)で注意したいポイントは、以下の3つです。



・十分な睡眠

・適度な運動

・ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の発散



睡眠は肌の状態と深く関係しているので、睡眠時間(効果的に昼寝を取り入れることで、仕事や勉強の能率があがります)が不十分だったり、夜更かしをしてしまったりすると、肌に悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)を与えてしまうでしょう。



肌は寝ている時に修復・再生を行うため、寝ないとその日受けたダメージを回復する事が出来ないでしょう。



夜10時~深夜2時は美肌に作用する成長ホルモン(分泌量が減少すると太りやすくなりますし、体の不調を感じることが多いでしょう)の分泌が活発になるので、可能な限りこの時間帯に寝ているようにすると良いでしょう。



また、運動をしないと血行が悪くなり、それが肌トラブルを引き起こす原因かもしれません。



その為、ウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)程度でも構わないため、1日30分~1時間くらい運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)するようにしましょう。



それに、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)も肌トラブル(二十歳を過ぎると、これまでとは違う悩みが生じてくるものです)を起こす原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の一つですので、できる限り溜めないように工夫することが大切になります・