ダイエットと毛穴の目立ち

女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の誰しもが、「きれいになりたい!」と考えているみたいです。でも、皆さん、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)をして痩せればきれいになると思っていませんか?確かに、きれいな女優さんやスタイルのいいモデル(モデルという職業にも、ファッションモデル、読者モデル、ショーモデル、パーツモデルなど、色々あります)さんを見ていると、そう思ってしまうかもしれません。しかし、ただしいダイエットを行わず、間違ったダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)を行っていると、ただ痩せるだけでたるみだけが残ってしまったりする為す。体重が増加することにより、皮下脂肪の量も比例して増えていくので、皮下脂肪が増えていくと、皮膚もその量にあわせて引き伸ばされていくことを知っていましたか?皮膚と言う物は、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が増加すれば自然とその脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)にあわせて伸び、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が減少すればその減少に合わせて自然と縮んでいくものなのです。理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的なダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)は、1ヶ月に1kgと言われていて、これを守っていればお肌のハリも維持したまま、綺麗に痩せることができると思っているのです。ところが、過激なダイエットを行い、一カ月に1kg以上落としてしまうと、今まで蓄積していた脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)を急激に減らすことになりますよね。すると、伸びていた皮膚が脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)の減少速たびに追いつくことが出来ず、たるみや肉割れなどを起こしてしまうのです。よくダイエットをした後に、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)が小さくなってしまったというような話を多いのかもしれませんし、ダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)して気がつくと、太ももの内側に妊娠線みたいな肉割れが出来てしまったという話も聞きます。それでも若いうちは再生することができるはずですが、年をとるのに伴ってたるみが起こった場所や原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)によっては、そのたるみを治すことが出来ないこともあります。ですから、ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)をして痩せれば、それだけできれいになるという考えは捨てて下さい。体重を減少させることだけを考えるのではなく、どうすればきれいに見えるのかを考えながら、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)したらいいですよ・