肌の汚さをどうにかしたいとい

肌の汚さをどうにかしたいという方は、タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)を止めてみて下さい?



タバコは肌荒れを起こす原因となるので、本気で肌状態の改善をしたいのであれば、禁煙(喫煙してはいけない場所、または、喫煙を止めた人をいいます)をおすすめします。



タバコが肌に与える影響は、次の2つです。



・血行が悪くなる

・ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)が奪われる



タバコにはニコチンと呼ばれる物質がふくまれており、これが体内に入る事により、血行が悪くなります。



血行が悪くなると肌のターンオーバー(老化と共に必要な日?が増えてしまうでしょう)を乱してしまう為、肌トラブル(生活習慣やストレス、食べ物や化粧品などの他、急激な気候の変化なども要因になります)を起こしやすくなるでしょう。



また、タバコを吸うと綺麗な肌を作る為に必要なビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)が大量に奪われてしまいます。



これも、タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)が肌に悪いといわれている理由の一つですね。



タバコを吸うことにより、この二つの悪影響が生まれるので、肌の汚さを改善しよう人は、禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)をする方が良いというわけですね。



ただ、禁煙を行いたいと思っても、自力ではなかなかできないことも多いのですから、禁煙グッズの使用やドクターへの相談を視野に入れた方が良いはずです・