アンチエイジングに良い成分

アンチエイジング(老化の予防、抑制のことをいいます)に良い成分としては、以下のものが代表的です。



・コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)

・ヒアルロン酸(自分で注射したりするのは非常に危険です)

・エラスチン

・ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)

・セラミド(スフィンゴ脂質の一種で、細胞膜に存在する成分です)



こういった成分を意識的にとることにより、アンチエイジング効果を得ることができるでしょう。



コラーゲンは肌の弾力や保湿を向上させるのに有効な成分で、30代から段々に減少していくになるものです。



鶏の軟骨(スポーツなどで過度に負担をかけると、擦り減って衝撃を吸収しきれなくなり、痛みを感じるようになります)や牛すじ、すっぽん、鶏の手羽先、フカヒレといったものに多く含まれていることで有名です。



ヒアルロン酸(膝の痛みにも効果的だといわれていますね)は肌の水分を保持するのに欠かす事のできない成分で、不足してしまったりすると肌が乾燥しやすくなったり、傷の修復が遅くなります。



鶏のトサカなどに多く含まれているのですが、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)からはなかなか摂取するのが難しいので、サプリメントを利用された方がいいのかもしれないですね。



エラスチン(体内にあるタンパク質の一種ですが、加齢と共に減少してしまいます)はコラーゲン(人体に最も多く存在しているのは、I型コラーゲンだそうです)同士を支える働きを持つ成分で、これが不足するとたるみやシミが出てきます。



コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)を含んでいる鶏の手羽先やフカヒレなどにエラスチンも含まれていますから、積極的に食べるようにしたいですね。



ビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)は美肌効果の高い成分として有名で、肌の老化を遅らせる働きがあります。



アンチエイジングには必要不可欠な成分なので、サプリメントや野菜、果物などで補ってください・