紫外線は肌に悪い?

紫外線は肌に悪いといわれていますが、これは本当のことをいうのです。



強い紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)を浴び続ける事によって、ニキビやシミ、シワという肌トラブルを引き起こしてしまうリスクが高くなるはずです。



若い頃は、大量の紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)を毎日浴びても、肌の再生能力が高いので、肌トラブル(若い人でいえね、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。)を起こすことはほとんどないのです。



でも、年齢を重ねると徐々に肌の再生能力が低下してしまうので、非常に危険です。



また、若い頃に浴びた紫外線の影響が、三十代や40台になって現われることもあるので、できれば10代から気をつけるのが理想でしょう。



では、紫外線対策をしようと思った場合、どういうことを行えばいいのでしょう?



代表的な紫外線対策は、以下のようなものです。



・日焼け止めクリームを塗る

・日傘(日差しを遮ることを目的とした傘です)や帽子の使用

・UVカット加工のメガネ(目が疲れにくいパソコン用のレンズも人気のようです)の使用



まず、日焼け止めクリームを塗ることで紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)を大幅にカットできるようになりました。



日焼け止めクリームっていえね夏の?象がありますが、他の季節でも日差しの強い日は利用するようにします。



また、日傘(これだけでは紫外線対策とはしては不十分なので、日焼け止めクリームも塗る必要があります)や帽子を使用することで紫外線を遮ることができますし、目の周りにシミを作らないためにもUVカット加工のメガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)を利用するのがオススメです・