アンチエイジングのための生活習慣

アンチエイジングのための生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)としては、以下みたいなことを意識(高く持たないと成長できないといわれています)してください。



・栄養バランスのとれた食事をとる

・適度な運動をする

・睡眠をたっぷりとる

・ストレスを溜めない



抗加齢において、食生活は非常に大切なポイントです。



偏った食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)をしているとどんどん体が老化してしまうので、栄養バランスの良い食事をとるようにして下さい。



特に野菜を中心とした食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)をオススメします。



それに、運動不足(加齢と共に筋肉の量は?えてしまいますから、毎日少しずつでも運動をするべきですね)だと体が硬くなりますし、血流も悪くなりますから、毎日適度な運動を心掛けてください。



時間がない方や体力に自信がない人の場合は、ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)を毎日三十分から一時間ほど行うようにしてください。



また、睡眠時間が短かったり、夜更かしをしていると、肌のターンオーバー(目玉焼きを両面焼くことをこう呼びます)に支障をきたします。



夜10時~深夜2時は、成長ホルモン(分泌量が減少すると太りやすくなりますし、体の不調を感じることが多いでしょう)が大量に分泌されるので、この時間帯にはお休みになっているのが理想(他人に要求してねかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)です。



そして、ストレスも老化を促進させる原因の一つなので、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を発散する場を設けてください・