毛穴に溜まっている皮脂

毛穴に溜まっている皮脂をそのままにしておくと、古い角質(ケラチンと呼ねれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。表皮にあります)や雑菌(特定の菌を培養したい場合には、それ以外の菌はすべて雑菌に該当するでしょう)などの汚れと混ざり合って、尋常性瘡の原因となる角栓(鼻にできるものが一番目立ちますよね)になってしまう可能性があるみたいです。そういう事態になる前に、毛穴に溜まっている皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)は早めに取り除きたいものではないでしょうか。それでは、この皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)を取り除く方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)にはどういうものがありますね。まず、毛穴の皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)をケアするのでのポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)に次の3つがあります。

・毛穴を十分に開かせる。

・毛穴の汚れを取り除く。

・毛穴をしっかり引きしめる。

皮脂を除外する為にも、毛穴をきちんと開かせる事が大切なのですが、クレンジングや洗顔料だけでは不十分です。蒸しタオルやスチーマーなどを利用し、ゆっくりと毛穴を開かせる必要があるのです。もし、面倒なようであれば、湯船(ガラス繊維強化プラスチックであるFRP製のものが広く普及しています)に浸かるだけでも毛穴は開いてくれますよ。次に、毛穴が開いた段階で、洗顔料を専用のネットを使って十分に泡立て、傷をつけないようにやさしく念入りに洗います。すすぎには時間を掛けて、洗顔料が顔に残らないように気をつけてください。そして、さいごに、開いた毛穴を引き締めます。すすぎの最後は冷たい水で毛穴を引き締め、その後には収れんタイプの化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も畭なります)をたっぷりと利用し、肌に水分(あるものに含まれている水のことです)を与えてあげます。皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になってしまいます)が溜まり易い小鼻の周りが気になるようであれば、小鼻専用の毛穴パック(包むことや包みを指すこともありますが、美容用語の一つでもあります)を利用するとすっきりとします。ただ、はがすタイプのパックの場合には、使い方を間違えると毛穴の黒ずみを目立たせてしまうことにもなるので、使用行うのであれね注意してくださいね・