毛穴メイクとクレンジング

メイクを落とすためのためにクレンジングを使っていると思いますが、これが要因で肌の状態を悪化させている場合もあるそうです。



普通のクレンジング料には、合成界面活性剤という物質が含まれています。



この合成界面活性剤(界面活性剤の割合のほとんどを占めているといわれています)は、肌への刺激が非常に強く、肌荒れを悪化させる物質として有名になります。



そのため、肌が汚いのはクレンジング料が大きく関係している場合があることでしょう。



では、どのくらいのクレンジング料を使用すればいいのでしょうか?



クレンジング料を選ぶ時のポイントは、次の2つです。



・合成界面活性剤が含まれていないもの

・無添加のもの



まず、最も大切な事は、合成界面活性剤(歯磨きやシャンプー、洗剤、化粧品など、あらゆるものに使われています)が含まれていないものを選ぶようにすると言うことですね。



成分表記をちゃんとみて、合成界面活性剤が配合されていないか確認してください。



また、肌に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を与える物質がふくまれていない添加物を加えないものを使うと、肌への負担が軽減します。



特に、過敏な肌や乾燥肌(スキンケアのやり方を一度見直してみた方がいいかもしれません)の人は、こういったクレンジング料にこだわることが大切です・